太陽光発電のことならソーラーフロンティアプロショップ山梨中央へ

太陽光発電システム施工
太陽光発電システムCISパネル施工手順解説

現在の瓦は防災瓦となっており、釘にて固定されております。専用工具を使用してこの釘を抜いていきます。この作業は瓦職人ならではの作業となります。

あらかじめ架台割付を行い、支持金具の設置個所に印を付けておき位置を確認しながらルーフィングに防水の為のシートを張っていきます。このシートはアスファルト系のシートで支持金具の固定ねじ打ち込む際ねじに絡みながら入るためねじ全体に防水効果となります。

瓦用補強版を垂木に固定して行く為、垂木を探し中心部に印を付けていきます。叩いた時の音と感触で正確に中心部を探し当てます。

瓦用補強版を垂木中心部に固定して行きます。垂木に固定することより野地板一枚に固定するより頑固に固定ができ、風による巻き上げにも耐えられます。

瓦用補強版に支持金具を高さ調整版にて高さを調整しながら取付けていきます。支持金具は先ほど張った防水シートの上に来るよう確認し作業を行っていきます。

瓦の支持金具が当たる個所をタガネを使って欠いていきます。この金槌も瓦職人ならではで金槌の端にタガネが付いている瓦職人の特別な金槌です。この作業を確実に行わないと、雨水が毛細管現象で逆流してしまいます。

支持金具に縦架台を取付けていきます。取付ける際に水糸を張り高さ調整を行い通りも合わせながら縦材を固定して行きます。

縦架台取付後横材及びサポートレールを取付けていきます。ケーブルは、露出させておくと直射日光が当たりすぐに劣化してしまいますので、二重構造品(PFD管)の中に配線し接続箱へ送ります。

「世界最軽量」でスマホの携帯と同じくらいの厚さの太陽光パネル「Solacis neo」を架台に取付けていきます。

Copyright© 2014 KICHIJIYAHONTEN all rights Reserved